同好会規約

1999年07月23日 制定

2005年02月22日一部改訂

2005年09月13日一部改訂

2006年04月21日一部改訂

2006年11月14日一部改訂

2007年06月11日一部改訂

2009年07月07日一部改訂

2012年06月26日一部改訂

第1条
大連日本商工会(以下、商工会)定款第3条第1項の目的達成に資する為、商工会に各種の登録同好会を置く。
第2条
同好会は趣味を通じての商工会会員同士の親睦、日中交流、地域貢献を目的とする活動を行うものとする。
第3条
同好会の登録は、別添様式による登録申請書を商工会事務局に提出し、親睦交流委員会の審査を経て理事会の承認をもって成立する。
第4条
商工会の会員は誰でも同好会の登録を申請し、または同好会会員になることができる。
第5条
同好会には代表幹事1名及び幹事若干名を置く。代表幹事は同好会を代表し同好会の運営を掌握する。
第6条
同好会の運営は自主的に行う。
第7条
代表幹事は親睦交流委員会に対し、毎年度終了後速やかに活動報告・収支報告、翌年度の活動計画・予算を提出しなければならない。必要に応じ、親睦交流委員会は随時各同好会に対し報告を求めることができる。
第8条
親睦交流委員会は商工会が登録同好会に対して毎年度に交付する活動補助金の金額を別に定める基準に従って決定する。
第9条
登録の審査基準、補助基準は親睦交流委員会が理事会の承認のもとに決定し、或いは必要な改正を行う。
第10条
登録同好会が次に掲げる項目に該当する場合は理事会の承認によって登録が取り消されることがある。
1.第7条の報告を怠った場合

2.第2条に掲げる主旨に反する活動があった場合
3.継続審査の際に登録審査基準に反した場合
第11条
この規約は商工会の理事会の決議により決定する。
第12条
同または類似活動についての同好会登録申請があった場合は、原則として既登録の同好会メンバーに加えるものを前提とする。
(登録審査基準)

同好会の登録申請及び継続審査の際に、親睦委員会において次の点を審査する。

(1)同好会規約各条項に合致していること
(2)過去に1回以上の活動実績があること
(3)商工会の正会員及び特別会員の構成員及び構成員の家族の方(以下、商工会会員)に対し、広く参加の機会が開かれていること
(4)年4回以上の活動計画が明記されていること
(5)8人以上の商工会会員がいること(1世帯を1単位とする)
(6)政治・宗教に関連する活動及び公序良俗に反する活動ではないこと
(7)親睦交流委員会で特に妥当な活動と認められたもの

(補助金交付基準)

親睦委員会は各同好会の代表幹事が毎年4月に提出する報告を受け、引き続き登録審査基準を満たしていることを確認した上で次によって補助金額を決定する。

(1)年間補助金額 100元×商工会会員数(1世帯を1単位とする)
(2)但し、以下のとおり限度額を定める。
①商工会会員数が20人を超える場合は、2000元とする。
②年間補助金額が各同好会の予算額の1/2を上回る場合は、予算額の1/2とする。
③年間補助金額が各同好会の前年度繰越金の1/2を下回る場合は、年間補助金額の1/2とする。
(3)年度の途中で登録した場合、承認された月から期末(3月)までの活動月数に応じた金額とする。
(4)補助金支給については交付申請書を提出するものとし、審査を行った上で補助金を決定する。

以上



ページの先頭へ戻る